喜の向くままスマホゲームブログ

当ブログは東アジアのスマホゲームについて「喜の向くまま」に書いていくものです。中国関連の話題が多めになると思います。

『少女前線(ドールズフロントライン)』に新展開。ナンバリングを含む複数タイトルが発表

『少女前線(Girls Frontline)』といえば、中国産の美少女ゲームの代表的な存在の1つであり、日本でも『ドールズフロントライン』(以下、ドルフロ)の名称で親しまれている。

そんなドルフロにどうやら新たな動きがあるようだ。パブリッシャーを務めるSUNBORNがドルフロのナンバリングやスピンオフによる新タイトルを発表したのだ。まだ公開されている情報量も多くはないのだが、ひとまず1つずつ確認してみることにしよう。

少前2:追放

f:id:kinomukumama0526:20200517150914p:plain

「2」とナンバリングされていることからも分かるように、こちらが正統な後継作というか続編にあたるようだ。公開されたトレーラーを見てみると、これまでのLive2DやSDではなく、ハイクオリティな3Dグラフィックで製作された戦術人形たちが躍動している姿が目を惹きつける。

注目のゲーム内容はというと、公式のプロダクト紹介サイトによると「二次元3D策略战棋手游」となっている。ストラテジーやチェスのような要素が加わってくるのだろうか。個人の勝手なイメージとしては『アークナイツ』のようにマス目上に区切られたマップで戦術人形を配置・移動させて戦うとか…銃のタイプにより動かし方や役割が異なるとか…まぁ妄想の域を出ないがそういったものを想像している。続報に期待だ。

 

②少前:谲境

f:id:kinomukumama0526:20200517150823p:plain

こちらはドルフロと同一の世界観の下で展開されるスピンオフ作品で、ドルフロに登場する戦術人形の1体「HK416」に焦点を当てたもののようだ。

ジャンルは「2D像素动作解密RPG游戏」とされている。ドット絵で描かれるアクション×謎解き×RPG…うむ、なかなかに想像しがたい…。

 

③少前:云图计划

f:id:kinomukumama0526:20200517150733p:plain

こちらについては特に情報が少なくどう紹介したものかと悩んだのだが…ひとまずジャンルは「二次元3D策略Roguelike手游」とされている。

ローグライクではあるものの、どうやら様々な特徴や成長要素を持った複数の次世代人形たちが登場すること、戦闘においても移り変わる状況の中でリスクを冒すか慎重を期すかといった判断をして複数の解法から1つを見つけ出すこと、そして冒険で手に入れた材料をもとに建物を建設・アップグレードして次の冒険の前にリソースやボーナスを獲得するといった仕組みがあることなどの説明がなされている。

 

④逆向坍塌:面包房行动

f:id:kinomukumama0526:20200517150643p:plain

こちらはドルフロの冠こそついていないが、ドルフロから30年後の世界が物語の舞台となるシミュレーションRPGである。以前からタイトルの発表はされていたが、今回続報が追加された形だ。

トレーラーを見ると、ドルフロでおなじみのSDキャラが戦闘を行っているシーンも登場する。おそらく今回発表された4作品の中で現在のドルフロに最もよく似ているのがこちらではないだろうか。

開発を担当するMICAteam云母组はドルフロの開発も担当しているのだが、実はドルフロよりも前に『面包房少女』という中国産美少女ゲームの先駆けともいえる同人作品を作り出しており、そちらを前身に持つのが今作のようだ。

 

以上が今回紹介された4タイトルだ。個人的にはやはりナンバリングシリーズである『少前2:追放』が最も気になるところではあるが、他の3作品もなかなかに個性的な気がする。いずれにせよまだまだ今後も情報が追加されていくであろうからそちらも逃さずチェックしておきたいところだ。

 

関連サイト:公式プロダクト紹介サイト

原神、「ファイナルCβT」の参加者募集開始

miHoYoは5月15日、『原神』の「ファイナルCβT」の参加者の募集を開始した。

f:id:kinomukumama0526:20200319180413p:plain

前回の初回CβTには私も参加することができ、先んじてその魅力を体験し、その時の感想を当ブログで掲載している。

kinomukumama0526.hatenablog.com

 

前回のCβT終了からおよそ1か月で再びの募集開始ということで、かなりの短期間で連続してCβTを実施することになるのだが、今回のCβTは「ファイナル」と銘打っている。ということはつまり…そういうことを期待してもいいのだろうか。

一足早く原神の世界を体験してみたい方、前回のCβTをプレイできなかった方は下記の公式Twitterから応募してみてはいかがだろうか。

【原神】CβTを振り返る

およそ3週間にわたって開催されていたmiHoYoの最新作『原神』のCβTが先日幕を下ろした。原神は発表当初から『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下BotW)との類似性が指摘されていたり、またスマホ・PC・PS4・Switchの4プラットフォームでリリースが決定するなどいろんな意味で世界中から注目を集めているタイトルだ。

CβTに当選した私は当ブログで序章終了までをプレイ日記として記載していたが、このタイミングでCβTでの印象などを踏まえて改めて振り返ってみることとする。

↓プレイ日記最終日はこちら↓

kinomukumama0526.hatenablog.com

 

◆原神とは?

ゲーム内ではプレイヤーのことを「旅人」と表現しているが、これは実に的を射ていると思っている。それは、私が原神のことを「広大な世界を旅し、冒険する過程で世界の謎や身近な問題を解決していくゲーム」だと認識したからである。

miHoYoといえばいの一番に代表作『崩壊3rd』の名前が挙げられるだろう。そして崩壊3rdといえばスマホゲーム屈指のアクションゲームである。ゆえに、原神についてもアクション性の高さを期待する声はあると思うのだが、少なくとも戦闘アクションは崩壊3rdほど激しくないと感じた。これは原神のアクション性が乏しいということではなく、志向しているアクションが両者で全く異なると捉えていただきたい。

f:id:kinomukumama0526:20200324190548p:plain

CβTなので若干セリフに違和感はあったりしたものの、崩壊3rd同様キャラクターの魅力も十分!

 

◆飛べ、登れ、泳げ、世界を知るために

原神の舞台となる幻想世界テイワット、プレイヤーはこの世界の隅々まで足を運ぶことになるのだが、CβTにおいて個人的に最も印象的だったのが飛行アクションだ。ストーリーの序盤で「風の翼」を入手した後は飛行での移動が可能となる。何というか、上空から羽ばたいて広大な世界を眺めること自体が気持ちがいい。原神のフィールドは高低差があるので、地上からだと探索が難しい怪しげな場所の確認もはかどる。探索が行き詰った時でも高所から飛んで地上を見渡せば、大抵何かしらの発見があるだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200427024208p:plain

飛行移動は1度やると間違いなくクセになる、マジで

そして、世界を知るためには切り立つ崖を登ったり海に浮かぶ離れ島に向かったりということも必要だ。まさに陸海空の至るところから探索のための手掛かりが得られるはずだ。

f:id:kinomukumama0526:20200427024138p:plain

華奢な女の子もグイグイ崖を登っていく。決してローアングルを狙っているわけではないぞ!

 

◆自然豊かな大地を巡る

CβTで開放されていたのはモンドと璃月という2つの地域だったが、たった2つと侮ってはいけなかった。原神のフィールドはハンパじゃなく広く、そして美しい。とてもじゃないが一気に踏破できるものではないので、毎日エリアを絞って少しずつ探索するのもいいだろう。それだけ広いと探索だけでも一苦労と思われるかもしれないが、フィールドにはワープポイントが比較的多めに設定されていて、それを解放しておけばいつでもその地点に戻ってこられるから安心だ。

f:id:kinomukumama0526:20200319180413p:plain

眼下に広がる光景、この全てを君は冒険することになる。ワクワクしないわけないだろ?

もちろん、広いと言っても無限ではない。アップデートで順次拡張されていく形になるだろうから、今回のCβTではお目にかかれなかったフィールドがどのようになっているのか私も楽しみである。

 

元素への理解を深めよう

原神において非常に重要なのが「元素」だ。元素は炎・水・風・雷・草・氷・岩の7種類があり、戦闘にもフィールド探索にも活用できる。戦闘では元素をまとった攻撃を敵にヒットさせるとその元素を付着させることができる。その状態で別の種類の元素攻撃を当てると元素反応を引き起こし、様々な効果が発生するのだ。

原神では最大4人のキャラで1チームを編成できるので、例えば水、氷、炎、雷の4キャラのチームを例に考えてみよう。

水元素のキャラで攻撃

↓敵が多湿状態になる

②氷元素のキャラにチェンジして攻撃

↓水×氷の元素反応により敵が凍結(行動不能)状態に

f:id:kinomukumama0526:20200328194256p:plain

③炎元素のキャラにチェンジして攻撃

↓氷×炎の元素反応により敵が融化(被ダメージ増)状態に

f:id:kinomukumama0526:20200427024212p:plain

④雷元素のキャラにチェンジして攻撃

↓炎×雷の元素反応によりオーバーロードが発生し小範囲にダメージ

f:id:kinomukumama0526:20200323123156p:plain

このように元素反応を利用することで戦闘を優位に進められる。キャラを切り替える際のクールタイムも短いので積極的にチェンジして元素の力を利用したいところだ。

探索では、例えば草×炎で上昇気流を発生させて飛行アクションにつなげるといった使い方もあるし、フィールドやダンジョンのギミックの中には特定の種類の元素を使わないと解けないものも存在するので注意深く辺りを観察してみよう。

f:id:kinomukumama0526:20200323122429p:plain

水中にトゲの罠…氷使い…あとは、分かるな?

 

オープンワールドで出会う異界の友

ある程度ゲームが進行すると、自分のフィールドに他のプレイヤーが訪れたり、自分が他のプレイヤーのフィールドへ赴くことができるようになる。一緒に探索をしたり、協力してダンジョンを攻略することも可能だ。基本的にはソロでプレイすることが多くなると思うのだが、時には友人の力を借りることで道が拓けることもあるやもしれない。

f:id:kinomukumama0526:20200328193900p:plain

 

ここは正直…改善してほしい!

f:id:kinomukumama0526:20200325171013p:plain

上の画像はスマホでの原神プレイ時の一般的な画面で、右下に攻撃やジャンプ、ダッシュなどの基本的なアクションボタンが配置されている。とにかく言いたいのはボタンが非常に押しにくいということ。おそらくこれはスマホ版特有の問題で、PCやPS4、Switchでは問題ないと思うのだが…右下のボタン群の密集具合に加えてカメラ向きの調整も画面右側をタッチして行うため、押し間違いが頻発してしまった。設定などはあまり触れなかったので、もしかしたらキャラの向きに視点をカメラを自動で合わせたりもできるのかもしれないが、正式版では操作性が向上していることに期待したい。

また、改善点というわけではないが注意点として、原神にはいわゆる緊急回避ボタンが採用されていない。このため、むやみに攻撃を続けていると肝心なところで回避行動がとれなくなって手痛い一発を食らったりするので、適度に攻撃を中断して敵との間合いをとることも大切だ。

 

 ◆「原神の遊び方」を思い描く

まずはゲーム側の案内に素直に従い、ストーリーを攻略していくのがよいだろう。ただ、オープンワールドを満喫するためにゲームの進捗は忘れて私のように自由にフィールドを歩き回るのもまた1つの楽しみ方であろう。その過程でプレイヤーランクを上げたりキャラを育成したりすることになり、ゲームへの理解度が自然と上がっていくはずだ。慣れてきたらデイリー任務や強化素材集めのためにダンジョンに挑むなど、一般的なモバイルRPGの要領でゲームを進行させ、そこにマルチプレイなどの要素が絡み合っていく。これほどのタイトルなのでコンテンツの追加実装速度は気になるところだが、CβTでは確認できなかった遊び方がまだ控えているのかもしれない。

 

◆終わりに

私が原神をプレイしたのは昨年のTGSでの試遊以来だった。あの当時は10分程度のプレイ時間だったので結論を出すにはあまりにも時間が足りなかったのだが、今回は十分なプレイ時間が与えられたので、件の指摘に対する私の意見を書くことができる。

「原神はBotWのパクリか」と問われたら、今の私はこう答える。「類似性は確かにある。だがクローンではない」と。BotWが原神に影響を与えているのは紛れもない事実で、開発側もそのような趣旨の発言を過去に残している。だが原神はオンラインゲームとしてキャラ育成や装備強化にレベル制を採用し、またソロプレイを基調としながらもMMOのようなマルチプレイが成立する余地を残したことでBotWとは異なるプレイフィールを生み出していると考えるからだ。

f:id:kinomukumama0526:20200427021024p:plain

正式版がリリースされれば多くのプレイヤーの関心事になるだろうから、そこで改めて様々な意見が交わされるのを期待したい。

【原神CβT】プレイ日記8日目~決戦~

プレイ日記6・7日目はこちらから

アビスの魔術師の策略により風魔龍との対話を妨害されてしまった主人公たち。だが、ディルックの情報網によりようやく手がかりを掴むことができた。それによると、アビスの魔術師の痕跡がディルックのワイナリー付近で発見されたのだという。早速一行は現地へと向かう。

f:id:kinomukumama0526:20200330023133p:plain

到着した現場にはまだアビスの魔術師が残っていた。逃すわけにはいかないので手早く倒すと、謎のエネルギーが放出された。これがさらなる手掛かりとなり、風魔龍の巣である「風龍廃墟」に向かうこととなった。

f:id:kinomukumama0526:20200330023128p:plain

風龍廃墟の入口は人の立ち入りを拒否するかのように暴風が障壁となっていたが、こちらには風神バルバトス、もといウェンティがいる。天空の竪琴を奏でると、たちまち風の壁は消失した。

f:id:kinomukumama0526:20200330022515p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021418p:plain

※竪琴は以前アビスの魔術師によって部分的に破損してしまったはずなのだが、ここでは元の形を取り戻していた。

風龍廃墟の正門にやってきた主人公たちだが、ここでいきなり行き止まり。しかし屋根に大きな穴が開いていることに気付き、回り道をしてそこから乗り込むことに。

f:id:kinomukumama0526:20200330021624p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021705p:plain

ようやく頂上付近までやってきたものの、ここで再び行き止まり。何やら封印が施されているようだ。ディルックの見立てでは、導光装置のパーツを全て元に戻して導光の儀式を行うことで封印が解除されるのではないか、ということだ。

f:id:kinomukumama0526:20200330021528p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330020530p:plain

近くにあったパーツを装置に戻すと、封印が1段階解除された。ディルックの見立ては正しかったようだ。だが、完全に封印を解除するためにはまだあと3つの装置を見つけて同様に儀式を行わなければならない。

f:id:kinomukumama0526:20200330022213p:plain

1つ、また1つと封印を解除していく主人公。そして遂に最後の封印を解除し、三度風魔龍と相見える時がやってきた。

f:id:kinomukumama0526:20200330021903p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330020429p:plain

思い返せば意外と長い道のりだったが、ここまでともに旅をした仲間たちの心は既に決まっていた。モンドのため、風龍のため、それぞれの思いを胸に決戦に臨む。

f:id:kinomukumama0526:20200330020333p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021327p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021019p:plain

風魔龍との戦いは2段階制になっている。まず第1段階はかつて1戦交えた時と同様に後方から背中の2か所の腐食部分の一方に向けて攻撃していく。ただ前回とは異なりある程度攻撃を続けると距離をとって弾幕で迎撃してくるため、時折発生する風玉を破壊すると現れる加速の輪に入って引き離されないようにしよう。

f:id:kinomukumama0526:20200330022105p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330020919p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330020637p:plain

第1段階をクリアすると至近距離で戦う第2段階へ移行する。ここではプレイヤーはウェンティを操作することになるため、風神vs風魔龍の熱い構図になる。風魔龍の攻撃後にうまれる隙に足を攻撃するとダウンするため、急いで背中によじ登ってもう一方の腐食部分を攻撃しよう。

f:id:kinomukumama0526:20200330022554p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021203p:plain

そうして主人公たちは見事風魔龍に勝利した。だが激しい戦いを繰り広げたせいで廃墟が崩壊し皆空中に投げ出され、風の渦に飲み込まれてしまう。

f:id:kinomukumama0526:20200330021242p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330020824p:plain

だが次に目覚めた時、そこは風魔龍、いや風龍の背中だった。くびきから解き放たれた風龍トワリンは自らの意思でウェンティたちを救ったのだった。モンドは自由の都と称される場所だ。自由であることは風神バルバトスの願いでもあるからだ。これからはトワリンも自由にモンドの空を駆けていくことだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200330022431p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330021109p:plain

これにてモンドに向けられていた脅威は完全に排除され、再び安寧の時間がもたらされた。だが肝心なことを忘れてはいけない。そう、天空の竪琴だ。確かに今回の一件を解決するために確実に有効活用したとはいえもとは大聖堂に保管されていたもの。このまま借りパクしては本当に泥棒になってしまうので返却しに行こう。

f:id:kinomukumama0526:20200330020736p:plain

大聖堂で一行を待っていたのはアイドルシスターのバーバラ(かわいい)。返却を求められるも、皆気まずい表情。それもそのはず、竪琴はアビスの魔術師に破壊されてそのままなのだから…。

f:id:kinomukumama0526:20200330022645p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330022353p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330023120p:plain

これにはバーバラも大ショック。だがウェンティが風神の力によってたやすく修復してしまう。バーバラは奪い去るように竪琴を持っていってしまった。

f:id:kinomukumama0526:20200330021757p:plain

でもまぁこれで一件落着…ではなかった。ウェンティは修復したわけではなく、そのように見せかけていただけだった。時間が経てばバレるかもしれない…。後ろにいるシスターに聞かれてやしないか心配になるが、こうなったらやることは1つ!逃げるが勝ちだ!何せここは「自由の都」モンドなのだから!

f:id:kinomukumama0526:20200330023124p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200330022007p:plain

以上でモンドと風魔龍に関するメインストーリーは終結した。CβTで開放されるメインストーリーはどうやらここまでのようだが主人公たちの旅はまだまだ終わらない。9日目以降はキャラストーリーなどもう少し細かい部分にも目を向けようと思う。

f:id:kinomukumama0526:20200330022301p:plain

 

【原神CβT】プレイ日記6・7日目~異界の友との邂逅~

プレイ日記5日目はこちらから

冒険ランク18までの道のりは近いようで遠かった。その道を進む中で新しい発見もあったので、そのあたりも踏まえて2日分をまとめて記したい。

いくつもの任務をこなした中で、今回はまずリサと共に達成した任務について振り返る。任務は複数のカテゴリに分類されているが、「伝説任務」というカテゴリに分類されるものはどうやらキャラに紐づく物語が展開されるようだ。キャラの人となりを知るのにもってこいだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200328194350p:plain

図書館司書であるリサの仕事には、当然本の貸し出しに関するものがある。主人公も何かおすすめの本はないかと尋ねてみたところ、残念ながら貸し出し中だったのだが、どうやら既に返却期限を過ぎているらしい。調べてみると他にも返却期限が過ぎている本が数冊あったので、渋々その回収に向かうリサに同行することにした主人公であった。

f:id:kinomukumama0526:20200328194444p:plain

モンドで未返却の本の持ち主を1人1人訪ねていくリサ。無事回収できたり返却の約束を取り付けたりと割と順調に進んでいたのだが、最後に訪問した本の借り主はなんと借りた本を紛失してしまったようだ。誰かに盗まれた可能性があるということで、消えた本の行方を追うことに。リサは予め全ての本に元素で印をつけているので、元素視覚を使って追跡が可能だという。

f:id:kinomukumama0526:20200328193806p:plain

モンドを出て痕跡を辿っていくと、どういうわけか最終的にとある遺跡に到着した。この遺跡、どうもアビスの魔術師の拠点になっていたらしい。本を渡すまいと必死に抵抗する魔術師だったがリサを怒らせてしまいあえなく撃沈。無事最後の1冊も回収することができ、めでたしめでたしで任務完了となった。

f:id:kinomukumama0526:20200328193957p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200328194156p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200328194715p:plain

そんなこんなで任務を達成していくと、いつしか冒険ランクが16になっていた。ここで開放されたのがマルチプレイで、他のプレイヤーと最大4人で世界を冒険することができる。ただマルチプレイ中は任務の進行や一部探索に制限がかかってしまうらしく、基本的には秘境と呼ばれる強化素材獲得用ダンジョンを効率的にクリアするために利用するのがいいのかもしれない。

f:id:kinomukumama0526:20200328194749p:plain

とはいえ、このマルチプレイはかなり新鮮に感じられた。現在のCβTは日本からはアジアサーバーへのログインが指定されており、ゆえに中国や韓国といった東アジアを中心とした他国のプレイヤーともマッチングするようになっている。普通にプレイしていると加入申請が届くので、マルチプレイをしたければ申請を許可すると他のプレイヤーが自分のフィールドにやってきて一緒に冒険や探索を行うことができる。もちろん自分が他のプレーヤーの世界に遊びに行くこともできる。

f:id:kinomukumama0526:20200328194529p:plain

今回一緒に遊んでくれたのはもちろん見ず知らずの、もしかしたら海外のプレイヤーではないかと思うのだが、あまりマルチプレイらしい連携はできない中でも戦闘に積極的に加勢してくれたり、足場のない水辺に元素スキルで物質を作り出して歩けるようにしてくれたりといろいろ手助けしてもらった。もし友人とプレイすることがあれば、「こっちで強い敵見つけたから手伝ってくれー」とか「あっちのほう行ったことある?一緒に行ってみよーぜ!」とか、MMOのように遊ぶこともできるだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200328194256p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200328193900p:plain

▲チャットは当然英語。こういう時、自分も英語に自信があればなぁと改めて思った

そんなこんなであちこち歩き回っているうちに、いつしかモンドからだいぶ離れたところまでやって来てしまっていたようだ。このあたりの地域は璃月と呼ばれるらしく、どことなく中国風の街並みのように感じられる。

f:id:kinomukumama0526:20200328195025p:plain

璃月への行き来を手軽にするため、まずはワープポイントとなる神像を見つけておいた。璃月の神像は岩元素を司っていて、共鳴すると主人公が使える元素スキルが岩元素のものになるという。ここでも主人公の多彩さというか特異さが垣間見れた。なお、風元素を使いたくなった場合はモンドの神像と再び共鳴すればよいらしい。

f:id:kinomukumama0526:20200328194054p:plain

そして、その璃月で年1回行われる「海灯祭」を舞台にしたゲーム内イベントが3/27(金)より開始されている。形式としては探索や戦闘で指定のアイテムを集めると報酬と交換できる、という簡素なものだ。おそらく正式リリース後に開催されるであろうイベントもこういった形を踏襲することになるものと思われる。

f:id:kinomukumama0526:20200328194620p:plain

こうして探索を続けているうちに、遂に冒険ランク18に到達することができた。これでようやくストーリーの本筋の続きを楽しむことができるが、来たばかりの璃月付近の探索も行いたい…。自由度の高さゆえの悩みではあるが、ひとまずここらで小休止することにしよう。

f:id:kinomukumama0526:20200328195021p:plain

 

【原神CβT】プレイ日記5日目~新たな謎~

プレイ日記4日目はこちらから

酒場の営業時間が過ぎた頃、主人公は再びディルックのもとを訪れる。これはそう、いわば作戦会議だ。酒場にはどういうわけかジンもいた。ディルックが声をかけたようだ。ジンに「先輩」と呼ばれたディルックはいささか虫の居場所が悪そうにしている。ディルックは騎士団を嫌ってはいるものの、もしかしたら彼もかつては騎士団所属の身だったのかもしれない。騎士団のやり方・方針に従えず今でこそ独自で動いているが、モンドを大切に想う気持ちはジンたちと変わらないのだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200325184115p:plain

会議の結論から言うと、天空の竪琴を奪った犯人はやはり愚人衆の一味のようだ。彼らはその力を利用し、モンドを管理下、いや支配下に置くという計画を企てているらしい。そしてディルックによってもたらされた情報によると、竪琴は愚人衆がアジトに持ち帰った可能性が高い。

f:id:kinomukumama0526:20200325184017p:plain

そうと決まれば話は早い、奪われたものは奪い返すのみだ。アジトに乗り込み敵を蹴散らし進んでいくと守衛に遭遇。軽く脅すと竪琴がアジト内にあることをあっさり白状した。だが保管場所の鍵を手に入れる必要があり、それを誰が持っているかまでは知らないという。

f:id:kinomukumama0526:20200325170716p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325170044p:plain

仕方ないのでアジト内の調査を続行し、ようやく鍵を管理する守衛を追い詰めるもやけを起こし、檻に囚われていた大型の丘々人を解き放って襲わせてきた。何とか撃破した時には守衛は既に姿を消していたが鍵は無事確保した。

f:id:kinomukumama0526:20200325171013p:plain

鍵を使って奥の部屋へ入ると、そこには厳重に管理された竪琴と「デットエージェント」と名乗る愚人衆が。分身を使って攻撃してくる相手に手を焼いたが辛くも勝利。天空の竪琴を奪還し足早にアジトを去ってモンドへと帰還する。

f:id:kinomukumama0526:20200325170926p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325171118p:plain

これで風魔龍を呼び出せる、そう思ったのも束の間、ウェンティから竪琴の風の力が失われてしまっていると告げられる。だが、竪琴の力を取り戻す方法は意外なものだった。あの風魔龍の涙の結晶を竪琴に垂らすと…

f:id:kinomukumama0526:20200325184209p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325170553p:plain

竪琴に少し力が戻ったが、まだ十分ではない。涙の結晶はまだ各地に点在しているということなので、次はその回収へと向かうのであった。

f:id:kinomukumama0526:20200325171236p:plain

まずは1つ目。神殿の遺跡の守衛となっているゴーレムのような敵を倒さなければならないようだ。このあたりから敵がかなり強くなっていて、複数のキャラが戦闘不能になるなど大苦戦したがやっとの思いでこれを倒し涙の結晶を手中に収めることができた。

f:id:kinomukumama0526:20200325184132p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325184241p:plain

1戦目から予想以上に消耗してしまったので、いったんモンドへ引き返し補給することに。冒険者協会に立ち寄った際、デイリー依頼が追加されたと案内を受けた。1日4件発生する依頼を達成することで追加報酬がもらえるようだ。風魔龍の1件が落ち着いたら忘れずにこなしておこう。

f:id:kinomukumama0526:20200325170416p:plain

補給を済ませ、2つ目の涙の結晶の回収に戻る。ここも丘々人の集団がたむろしていて一筋縄ではいかなかった。1体ずつ落ち着いて撃破し、無事涙の結晶の回収に成功した。

f:id:kinomukumama0526:20200325184054p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325184206p:plain

残すは最後の1つ。早速向かおうとするとゲーム内に1件の通知が。ある程度ゲームが進行したこのタイミングでアンケートが送られてきたのであった。せっかくCβTに運良く当選したことだしちゃんと記入したフィードバックを送信した。今後の開発・運営に役立てていただければ幸甚である。

f:id:kinomukumama0526:20200325171204p:plain

さて、最後の涙の結晶はというと廃墟の中にあった。当然ここでも様々な敵が押し寄せてきたが3回目ともなれば多少は慣れている。ボスと思しき深淵法師を倒し、ついに3つの涙の結晶を集め終えたのであった。

f:id:kinomukumama0526:20200325171331p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325184012p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325170145p:plain

その足で、アカツキワイナリーという場所にディルックが保有している酒場へと向かう。浄化した涙の結晶を竪琴に垂らすと、竪琴は風魔龍を呼ぶのに十分なほどの力を取り戻したようだ。すぐにでも呼び出したいところだが、さすがにこの場所では何かあったときにまずい。かといってモンドでも混乱をきたす恐れがある。竪琴の演奏には海風が当たる高いところがいいということなので、条件に合致する「星拾崖」という場所を目指すことになった。

f:id:kinomukumama0526:20200325184032p:plain

辺りも暗くなったころ、主人公たちはようやく星拾崖へと到着した。その先端で、ウェンティが竪琴を奏でると風魔龍が姿を見せた。この対話でモンドの一件は解決に向かう

f:id:kinomukumama0526:20200325170744p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325170342p:plain

_はずだった。それなのに、風魔龍の背に潜んでいたアビスの魔術師によって竪琴が破壊されてしまった。結局話し合いはできず、風魔龍はウェンティのもとを去ってしまった。このままではモンドが、そして風魔龍が危ない。だが追跡しようにも手掛かりがない…。

f:id:kinomukumama0526:20200325170240p:plain

万事休すかと思われたが、なんとディルックが手を打っていたようだ。ひとまず彼を信じ、続報を待つことにしよう。

一方そのころ、アビスの魔術師も「殿下」への報告を行っていた。殿下と呼ばれたその少年は_間違いなく、主人公の兄その人であった。一体どういうことなのか…。

f:id:kinomukumama0526:20200325170830p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325171500p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325171408p:plain

ここで第2幕は完了となり、第3幕を開始するには冒険レベルを18まで上げる必要があるようだ。この時点でまだ13、ディルックの情報を待つ間、次の展開に備えて様々な任務や依頼を完遂して力をつけておこう。

f:id:kinomukumama0526:20200325170517p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200325170445p:plain

 

【原神CβT】プレイ日記4日目~再会~

プレイ日記3日目はこちらから

冒険ランク10に到達し、ストーリー本編を進行することに。前回までをざっくりおさらいすると、3つの神殿を攻略したことでモンド周辺の元素の流れが落ち着いた。主人公たちはいったんモンドへ戻り、代理団長ジンに報告を済ませるところから始まる。

早速ジンを見つけたが、彼女は誰かと話し込んでいる。黒衣に仮面とは、いかにも怪しい出で立ちだ。聞けば、相手は氷神を祀る「至冬国」からの使者、通称「愚人衆」だそうだ。なにやらモンドにちょっかいを出してきている、といったところだろうか。今後の不穏な展開を予想させる一幕であった。

f:id:kinomukumama0526:20200324184639p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200324185036p:plain

そしてもう1つ、初めて風魔龍と遭遇した時に拾って保管しておいたあの謎の結晶についてリサに構造分析を依頼することになった。どうやら結晶には元素の力を相殺する効果があるらしく、元素使いが近づくと痛みを伴うようなのだが、主人公はそのようなそぶりを見せなかった。主人公の出自が関係しているのだろうか…。

f:id:kinomukumama0526:20200324190552p:plain

ジンへの報告を済ませると、西風騎士団の栄誉騎士の爵位を与えられるとともに、引き続きこの風魔龍の一件に協力するよう要請を受けた。この件が解決していけば様々な謎の解明にもつながるだろうしこちらとしても断る道理はない。

謎といえば報告の際、風魔龍とともにいた謎の少年には触れなかった。まぁ、風魔龍を追っていればそのうちまた会うことになるはずだ。ちょうどあんな風に特徴的な緑色の服を着ていたし見間違うこともないだろう。

f:id:kinomukumama0526:20200324190537p:plain

……って本人やないかーい(棒)

慌てて追跡を開始。元素視覚を使って足跡を辿っていく。壁を登り、階段を駆け上がり、ようやく広場で見つけた彼は、竪琴で美しい音色を奏でていた。

f:id:kinomukumama0526:20200324184731p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200324190542p:plain

「ウェンティ」と名乗った彼は吟遊詩人らしい。再会早々申し訳ないが、数々の謎について問いただすべくまずはあの結晶を見せるが…あれ?

f:id:kinomukumama0526:20200324184932p:plain

禍々しい赤黒い色は消え失せ、きれいな薄緑色になっていた。これも主人公の特異な力の一端だろうか…。ウェンティによると、これは風魔龍の涙だという。ウェンティが持っていたもう1粒の結晶も浄化すると、彼は主人公への感謝とともに新しい作戦を思いついたと言い、「モンドの英雄の象徴」へ向かうと言ってその場を去ってしまった。

モンドの英雄の象徴、それは神像近くにある大木のことだったようだ。そこでウェンティに風神について尋ねてみると、「あいつはもうモンドから消えた」と言われてしまった。神をあいつ呼ばわりするのも気になるが、なぜ彼はこんなにも詳しそうな口ぶりなのだろう。会話を続けていると、ウェンティのもとを訪れる存在が主人公以外にももう1人、いや1体と言えばいいのか…。

f:id:kinomukumama0526:20200324185618p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200324190527p:plain

振り返ると実に手ごわい相手だった。戦闘開始時はまだ日中だったのに、いつしか陽も沈んでいる。やっとの思いで撃破し、ウェンティと話の続きをすることに。

f:id:kinomukumama0526:20200324184819p:plain

話を整理すると、人類の敵となる組織「アビス教団」の魔術師の呪いによって、風魔龍の精神が腐食してしまったことが今回の暴走につながっているという。主人公たちとウェンティが初めて会ったとき、彼は風魔龍の呪いを解こうとしていたが主人公たちが現れたことで失敗し自らも呪いにかかってしまったため、この大木の下で回復を図ったようだ。

f:id:kinomukumama0526:20200324190532p:plain

次にウェンティはモンドの大聖堂へ向かうと言った。そこで風神バルバトスがかつて使っていた「天空の竪琴」を入手するつもりらしい。どうやら大聖堂に保管されているようなのだが…まともに「ください」と言ってもらえるような代物ではないだろう。聖堂内のシスターに探りを入れるも不発。しかもあろうことかウェンティはそこで自らを風神バルバトス本人と名乗ったのだ。

f:id:kinomukumama0526:20200324185432p:plain

だが、これはあながち嘘ではないような気がする。これまでのウェンティの言葉や態度を踏まえると、人の姿をしてウェンティと名乗ってはいるが、彼がバルバトスであると考えるのが妥当な気がしてならない。

まぁとにかく、風神バルバトス(仮)をもってしても天空の竪琴を譲り受けることは叶わなかった。だが、守衛は夜になると持ち場を離れてしまうということも分かった。

つまりこれから主人公たちが行うのは、有り体に言えば泥棒である。それになんと時間はプレイヤーが任意に動かせるらしい…。早速時刻を夜にしてお宝奪取の開始である。

f:id:kinomukumama0526:20200324184647p:plain

意を決して地下室に忍び込むが、内部には見張りが沢山…。まぁ当然というか、もしいなかったらセキュリティの甘さを突っ込まずにはいられない。ここは物陰に隠れながら時に物を投げて見張りの注意を逸らし最深部を目指すかくれんぼの始まりである。

道中、宝箱を見つけたので見張りをうまく誘導して回収。だがそれに喜んで油断していると…

f:id:kinomukumama0526:20200324185134p:plain

あえなく御用となった。入口に戻されてやり直しだ。

f:id:kinomukumama0526:20200324185522p:plain

見張りの目をかいくぐりなんとか竪琴の目の前までたどり着くも、残念なことに既に先客がいたようだ。竪琴は黒い服を身にまとった謎の女に奪われ、その上取り逃がしてしまった。そこに見張りが到着し、竪琴泥棒の濡れ衣を着せられることに。いや、不法侵入的な意味では濡れ衣でも何でもないのだが、まさに泣きっ面に蜂である。

f:id:kinomukumama0526:20200324185235p:plain

こんなところで捕まるわけにはいかない。風の翼で逃走を図り、転がり込んだ先は1軒の酒場であった。そこにいたのは赤い長髪の「ディルック」という男性だった。この酒場のオーナーだそうだ。間違いなく警戒されている。このまま突き出されてしまうかもしれない…。

f:id:kinomukumama0526:20200324190522p:plain

だがディルックは空気の読める男だった。衛兵に嘘を伝えてかくまってくれた。事情を話すと、どうやら協力してくれるらしい。

f:id:kinomukumama0526:20200324190557p:plain

f:id:kinomukumama0526:20200324185327p:plain

4日目はいろいろな出来事があり、そして謎が少しずつ明らかになっていく、そんな気がした1日だった。これからの展開がさらに気になるところだ。